2012年11月14日水曜日

ナイトオープンと藍染スツール

夜の藍色をお楽しみください。
阿波藍アートプログラムのナイトオープンです。
11月16日(金)と17日(土)の2日間限定で開館時間を21時まで延長します。

「屋内展示」は光の入りにくい倉庫空間を利用していますが、
とてもデリケートな照明セッティングから成り立つ作品のため、
どうしても出入口周辺から射し込む日光の影響を受けやすいのです。
夜間なら外の光に左右されることなく、
落ち着いた作品の表情を見ていただくことが可能となります。

「屋内展示」で使用されている照明は、地元徳島で製造された最新のLED照明です。
レンズを持たないため、無理なく広い照射角を実現しています。
ナイトオープンでは、このLED照明が空間の全ての藍染布を穏やかに浮かび出します。

秋も深まり、夜は冷え込みます。
みなさま暖かくしてお越しください。

<上の写真と藍染革のスツールについて>
先週後半の3日間、宮崎椅子製作所さんのご協力により、
藍染革を使った新作椅子5脚を会場内に置かせていただきました。
連携企画は終了したのですが、宮崎椅子製作所さんのご厚意により、
スツール3脚を引き続き使わせていただけることになりました。
会場にお越しの際は、このスツールに座って空間をお楽しみください。